人材派遣会社のタイプや法律に関して知っておくべき常識講座

働く人達

違法な人材派遣

案内する男性

人材派遣にも様々な働き方があるが、その中でも違法と呼ばれる人材派遣があります。
今回はその代表的な2つを紹介いたします。
一つ目は「日雇い派遣」です。日雇い派遣とは、1日単位で仕事をスタッフに派遣するものです。なぜ禁止をされているかというと、派遣期間が1日単位で短いと派遣スタッフの生活が不安定になってしまうため、雇用期間が30日以内のものについては禁止されました。
しかし日雇い派遣の原則禁止の例外があります。60歳以上の方、学生、年収500万円以上の方は例外的に日雇い派遣が認められています。
次に紹介するのは「二重派遣」です。二重派遣とは派遣先が派遣されたスタッフをさらに別の会社に派遣して働かせることです。これを行うことで、スタッフの安全確保や責任の所在が曖昧になり、中間搾取によってスタッフがもらえる給与が減ってしまう可能性が出てきます。二重派遣を行うと、職業安定法で禁止されている労働者供給事業に該当してしまいます。派遣元だけでなく派遣先に対しても罰則が発生してしまうので注意が必要になります。
女性の雇用が拡大していく影響で派遣法も改正されています。法律は絶対ですので規則に忠実な人材派遣会社を選んでいく必要があります。

人材派遣の種類

人材派遣の中にも様々な種類があります。その中で今回は「紹介予定派遣」についてご説明します。一般的な派遣社員とは、人材派遣業者に雇われて、派遣先の企業や施設で働きます。その後派遣業者と派遣先企業・施設の間で契約を更新したり更新しなかったりで、働く期間が決まるというイメージです。もちろん本人の意思もある程度尊重はされます。では、「紹介予定派遣」とはなにが違うのでしょうか。まず大きな違いは、決められた派遣期間が終了した時に派遣先企業・施設に直接的に雇用されることが前提だということです。この場合も派遣業者と派遣先企業・施設の合意があればということになります。派遣先では、今後直接雇用した際に、会社にプラスになるか、会社に必要となる人材であるかを見極める期間になると言われています。一般的な派遣社員だと、もしもすごく優秀な人材がいたとしても契約上すぐに直接雇用で雇うということは契約上難しいのではないかと思います。(実際にはあるのかもしれませんが、聞いたことはないです)同じ状況で、紹介予定人材派遣だとそのまま優秀な人材を自社に入れることが可能となり、その点がメリットになるのではないかと思います。働く側からしても、自分が直接的に雇用されて働きたい会社かどうかを判断する期間となり、双方にとってメリットがある働き方だと思います。

人材派遣業に登録するメリットとは

多くの方が日夜ビジネスに励んでいらっしゃるかと思われます。どの企業においても数多くの従業員が在籍しておりますが、雇用形態はさまざまとなっています。期間の定めが無い正社員や短時間労働のパート等がありますが、企業から直接雇用されていない方も中にはおります。それは人材派遣によってへ感されている社員です。人材派遣業に登録をし、自分に合った仕事が行えるとして人気がある業種です。
そんな人材派遣業に登録するメリットについてご紹介します。どの企業においても少なからず問題となる部分が存在しています。その中の多くが「人間関係」とも言えます。上司や同僚問わず人間関係の悪化は業務にも大きな障害となってしまいます。これによって多くの方が離職という道を選ばれています。
しかし人材派遣業に登録している派遣社員は派遣先の企業の在籍期間が設けられています。その為、人間関係が悪く仕事が円滑に行えない様な状況であっても、期間内の我慢さえすれば他の企業へ移る事が可能となっており、人間関係の悪化に巻き込まれる事がほとんどないのです。企業において仕事の辛さよりも人間関係の悪化が離職に繋がるケースが多い為、人材派遣業に登録する事で回避する事も出来るのです。